ハーレー ドリームス

冬のハーレー乗りの必需品?!ネックウォーマーとグローブを着よう

ネックウォーマーとグローブを用意しよう

バイクを運転する際は、天候や気温の変化を直に受けることになるので、しっかりと準備をしておくことが欠かせません。 中でも長距離を運転することの多いハーレー乗りは、走行時間が長くなりがちで、天候などの影響も受けやすくなります。特に、身体から熱が奪われがちな冬は、対策を怠ると運転に支障を来してしまうので注意が必要です。


冬のハーレー乗りにとって、大切なポイントとなるのは体を冷やさないことです。体が冷えてしまうと、手先や足先といった末端に行くほど、冷えは酷くなります。どんなに部分的に温めても、体全体が冷えてしまうと効果は半減してしまうので、体を温めることが重要になります。 ただし、単に暖かさを求めて、沢山着込んだり、暖かい素材を選んだりするだけでは不十分です。暖かさを確保することは大切ですが、ハーレーの運転をする際に動きが阻害されてしまうようでは意味がありません。


そこで、活用すると良いのがネックウォーマーです。首は温度に敏感な部分です。冷えると熱を逃がしやすくなる一方、温めると短時間で体温の上昇を見込めるといった特徴があるので、首を温めて冷えを防止することは効果的と言えます。 重ね着をするわけでもなく、マフラーのように邪魔になることもないので、とても取り入れやすいアイテムではないでしょうか。また、運転操作の大半を行う指先は、ハーレー乗りにとっての生命線です。暖かさを重視するのと同時に、操作のし易さも考慮したグローブを選び、しっかりと保護することが欠かせません。 グリップを握った時の力の伝わり方や、グローブをしていない時と比べて反応が遅れることがないかといった点を確かめることはもちろん、防寒、防水、防風といった必要な機能を備えたものを選ぶことがポイントになります。


寒さが厳しい冬は、ハーレー乗りにとって好ましい季節ではないかもしれません。しかし、事前に用意をしておけば、冬でも快適な走行を楽しむことは十分に可能です。 体全体を冷やさないためにも、バイク操作の要である手や指先を冷やさないためにも、冬の走行にはネックウォーマーと防寒グローブを活用しましょう。

ハーレーの冬